最新の記事 & セール

  • 10月月間セール | 全ての刺繍・文字彫り・加工オプションが20% OFF !(日本時間2021年10月28日午後2時までの開催)

商品手入れについて

洗濯方法および武道具の手入れについて

伝統的な武道を稽古する人にとって、武道具の手入れは最も重要だと言えます。
手入れを行うことは、用具を長持ちさせることはもちろん、稽古時の安全を確保するものだからです - 特に武器については手入れが重要です。
清潔な柔道衣を身に纏うことは、一緒に稽古する相手、そして自分自身への敬意を表すものです。

柔道衣の手入れ

全ての柔道衣(上衣とズボン)には 洗濯表示のタグ が付いています。柔道衣は、最初の洗濯で約6%縮みます。洗濯後、サイズ表に表示された状態になりますので、サイズを選ぶ時には、縮むことは考慮に入れずにお選びください

最初に使用する前に、柔道衣を水で洗ってください。もし、最初から最大限に縮ませたい場合は、60度以下のお湯で2、3回洗濯してください。

A well used KuSakura Judogi

よく使われる九櫻の柔道衣


  • 水温は最高で30° C で洗濯してください。
  • 他の洗濯物とは分けて洗ってください。( ブルーの柔道衣は色移りしますので、ご注意ください)。
  • 漂白剤や柔軟剤を使用しないでください。
  • タンブラー乾燥はお避けください。
  • アイロンは中温でお使いください。
  • 洗濯のコツ: 柔道衣は、稽古の後すぐに洗濯してください。冷たい水を使用します。洗剤は入れないか、入れても少しだけにしましょう。 3、4回の稽古ごとに(少なくとも週一回)、30度の水温で、洗剤を入れて洗濯してください。

練習後、柔道衣はすぐに洗濯しましょう。すすぎが不十分だと生地を傷める可能性があるため、洗剤の使いすぎに気をつけてください。 洗剤を多くしても柔道衣の汚れがよく落ちるわけではなく、すすぎが不十分だとカビが生えやすくなります。 むしろ、シンプルに2回洗濯をする方が汚れを落とす効果があります。 洗濯後はハンガーに掛けて形を整え、直射日光を避けて外に干します。 袖や襟の内側が黒くなってしまった場合、残念ながら元に戻す方法はありません。

柔道衣を強力に洗う必要があると感じた場合は、適度な量の洗剤 (多すぎても効果はありません) + 60°C の水温 + 1 カップの漂白剤を加えて洗濯してみてください。 洗濯機がすすぎを開始する前に、洗濯機を 1 時間停止します。 その後、通常通り洗濯機を終了まで回してください。 この方法は、どうしても必要になった場合に行う洗濯法で、あまりお勧めできません。

柔道帯の洗濯方法

実際に帯を洗うべきかどうか疑問に思ったことはありませんか? 日本では誰もこんなことは言いませんが、欧米では「帯を洗うと稽古の経験まで洗い流される」などと言われることがよくあります。 それは全くのナンセンスです。 帯は、柔道衣と同じようにまめに洗濯するか、そこまで頻繁にではなくとも、時々は洗濯してください。 洗濯の際は、上記と同様、洗濯表示に従ってください。 注意: 帯はおそらく 10 cm 縮むかもしれませんが、強く引いて結ぶので、ほぼ元の長さに戻ります。

A well used KuSakura Belt

よく使われる九櫻の帯


  • 洗濯機で水温30度以下で洗ってください。
    手洗いでも大丈夫です!
  • 他の洗濯物とは分けて洗ってください。
  • 漂白剤や柔軟剤を使用しないでください。
  • タンブラー乾燥はお避けください。
  • 他の服に巻き付いたりすることがないよう、折りたたんで、最後に結んでおきましょう。
  • アイロンを使う場合 (お好みでどうぞ)は、中温でお使いください。
  • 色付きの帯は、色落ちに注意してください。色付き帯と白い柔道衣を一緒に洗濯しないようにしましょう。

木製の武器

柔道において、一般的に木製の武器は、他の武道と比べるとそれほど重要ではないかもしれませんが、損傷した武器を使った場合の様々なリスクを避けるために、それらを適切に扱うことは依然として重要です。

湾曲を避けるため、 武器は水平に保管してください !
垂直に立てて武器を保管した場合、武器の先端と底面における温度と湿度が違うため、簡単に曲がってしまいます。 こうした湾曲は、塗装された武器であっても、比較的短期間で発生する可能性がありますので、乾燥した涼しい場所に水平に保管してください。

ニス仕上げの武器

ニスを塗った武器は、より耐性があり、特別なメンテナンスなしで何年も保管できます
柔道の場合、武器は激しくぶつかり合う稽古には使用されません。薄いニス層は長持ちし、武器を長年にわたって保護します。

非常に安価な武器を購入した場合、それらは中国または台湾製で、品質がかなり低い可能性があります。 厚いコーティングがひび割れや亀裂を覆っている可能性があるため、使用する前には注意深く武器を確認してください。

ニス無しの武器

ニス仕上げされていない武器は、出荷前に椿油で数回磨かれます。 オイルが木材に栄養を与え、武器が反るのを防ぎます。

このタイプの武器を購入された場合、月に一度ほど、ご自身での手入れが必要です。 木材メンテナンス製品か植物油に布を浸し、武器に油を塗っていきます。 乾燥させて、木材が油を吸収しなくなるまで、このプロセスを 2 ~ 3 回繰り返します。 木材の密度が高いほど、必要な油は少なくなります。 植物油を使用する場合は、直接手で油を塗布することもできます。その方が簡単ですし、こうしたオイルは肌にも良い効果がありますよ!

木の武器は、年月を経て色が濃くなり、手入れを繰り返せば、木の密度もわずかながら増加します。


All unvarnished weapons are oiled several times before shipping

ニス無しの武器は全て、オイルを数回塗布するプロセスを経て出荷しております。

メールマガジン登録

月1回発信予定。お客様情報は第三者に開示することはございません。